最初の頃
最初は当たり前ですが、全くと言っていい程
いい写真が撮れませんでした。

ピントを合わせるのに必死すぎて最初の数枚は
ブレッブレでした(笑)

子供でも今時もっとうまくとるだろ〜ってくらい
へたくそだったんですが
何回も繰り返しているうちに段々コツが掴めてきて、
プロとまでは、さすがにいきませんが、まだ人に見せて
「おー!素敵!」と言われる
くらいまでには上達する事ができました。

高いカメラに高いレンズを買った訳ですが
途中で投げ出すわけにもいかず
毎日ちょっとしたものでもいいから
カメラのおさめるようにしています。

時間帯によっても光の入り具合などが変わるので、
色々と条件を考慮してカメラに一枚一枚大事に収めていきます。

まとめて現像したときに初期の頃と今とではコレだけ変わった!

成長したんだぞというのを自分の目で確かめるためには
こうした地道な作業が大切なのです。

今では少しずつですが展覧会に参加もしていますし、
いつかは自分だけの写真展みたいなものも作ってみたいです。

いつになることかわかりませんが、趣味が写真と言うのは
楽しいものですよ。出かけるたびに新たな発見がありますから。


         
copyright © camera all rights reserved.